スポンサーサイト

2015.11.25 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    遠藤直哉 著書|遠藤直哉の新しい法社会を作るのはあなた

    2015.11.05 Thursday

    0

      前回、遠藤直哉先生の著書から、「罪を犯さない人から優遇する社会」について触れました。

      今回はその点を踏まえ、良い法社会を作るためにはどんなことをしたらいいのか遠藤直哉先生の著書「新しい法社会を作るのはあなたです」から考えていこうと思います。

      以下、遠藤直哉先生がまとめた良い法社会を作る方法を抜粋していきます。

      1. 議論を深め、選挙をする
        →選挙に行くのは勿論、候補者の対策についてじっくり検討し議論していかなくてはなりません。

      1. 中国団体に参加する
        →一人一人が勉強して、組織を作ったり自分が賛同できるNPOなどの中間団体に参加して声を上げていくことが大切です。これがソフトローを作ることに繋がっていきます。

      1. 自分たちで社会を作ろうという意識を持つ
        →ネットで発言しながら連帯していくこと、中間団体に参加して自分で働きかけていくことが大切になっていきます。

      1. 議論できる教育システムを作る。
        →議論をすれば双方の意見は歩み寄っていき、双方が納得するような新たな考えが生まれます。話し合いによっt良い決定をしていく熟議民主主義という考え方は広がりつつあります。

      1. 取り決めはすべての暫定的であり、「とりあえず」であり、常に見直し続けること

      →法律や取り決めはすべての暫定的であり、常に可変性のある社会であることが大事です。

      故に法律を守ることだけではなく、中身を見ること、実害がないかどうか確かめることが大切です。

      以上を実行していけば私たちも法を作っていくことが可能なのですね。

      日々、法や国の政治について考え、仲間や周囲の人々と議論し意見を交わしていけば、より良い社会を作るのは案外難しくないのかもしれませんね。