スポンサーサイト

2015.11.25 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    遠藤直哉 著書|遠藤直哉の新しい法社会を作るのはあなた

    2015.11.25 Wednesday

    0

      必ず勝つけど賠償金を100%必ず手に入れられるとは限らない(むしろ少し減る)、

      必ず負けるけど賠償金を100%払うとは限らない(むしろ少し減る)、

      そんな法社会になったことで、博打のような裁判はなくなり、訴えた側が泣き寝入りする場面が減った…というのが前回、遠藤直哉先生の著書「新しい法社会を作るのはあなたです」から学び取ったことです。

      では、その現代法社会はどのような考え方から基づいているのでしょう?

      じつは、遠藤直哉先生の言うところによると、事故や事件には被害者、加害者双方の責任がある場合がほとんどなのです。

      例えば、DVの事件に置き換えてみれば、夫が妻を殴った場合、妻の方にも暴言を吐いて夫を挑発したり、浮気をしていたりといったような何らかの殴られる原因があるという場合がほとんどだそうです。

      このような双方の不注意を取り上げて、請求額を減額する方法を法律用語で「責任の分担」「責任の分割」と言うようです。

      この考え方は、あらゆる領域で適用されるべき考え方だと遠藤直哉先生は評しており、現代社会において「責任分担の思想」として、より広く拡大しております。

      次回から、「責任分担の思想」の活かされ方をあらゆる場面を例に、遠藤直哉先生の著書よりまた説明していきたいと思います。どうぞお楽しみに!

      スポンサーサイト

      2015.11.25 Wednesday

      0
        コメント
        コメントする